健康と美容も水選びが肝心~サービス利用や設置~

水へのこだわり

変わってきている生活

美容や健康のために水にこだわる日本人が多くなっています。スーバーやコンビニエンスストアなどで水が売られているのは今は当たり前の光景ですが、このような状態になったは、ここ20年ほどの話です。以前は水道水を飲料水として使用することが普通でしたが、最近はよりおいしい水を求めて飲み水を購入している人が珍しくなくなっています。水道水ではなく商品として販売されているおいしい水に頼っていることから東北大震災の際には首都圏からペットボトルで販売されている水が品薄状態になったほどです。インターネットオークションでは高額取引が続きおいしい水の争奪戦が繰り広げられていたのです。震災が及ぼしたパニック状態の表れの一つです。

おいしい水にこだわらない状況判断

冷静に考えると日本では水道水で十分に生活が可能です。おいしい水にこだわらなければ日常生活に支障をきたすことはまずないのです。諸外国のように水道水を飲むと下痢をするなどの身体に害を及ぼす心配はないため、安全性のレベルが高いのが日本の水道水です。しかし、水道水よりもおいしい水の味を認識した日本人は購入することに抵抗がなくなり、飲む水と洗濯や風呂等に使う生活水と分けるようになってきたのです。水道水は生活に必要な水として使用し、飲み水はおいしいと評判の良いものを購入する生活が日常化してるのです。水は人間の生活にとって欠かせない大事なものです。しかし緊急時には譲り合う心を持って必要最低限度の量のみを確保することがそれぞれが守るべきことなのです。